山乃尾 柚子茶

DYM-045

山乃尾 柚子茶

(DYM-045)

料理旅館 山乃尾の柚子茶
北大路魯山人ゆかりの宿として知られる金沢 山乃尾。1890年の創業以来、そのもてなしを求めて全国から美食家が訪れた宿です。この度山乃尾より、地元名産“金沢柚子”を使った柚子茶をご用意いたしました。
柚子の産地として知られる金沢東部、湯桶温泉にほど近い浅川地区。北陸独特の気候で育つ柚子は芳醇な香り、酸味が魅力と言われています。この柚子の皮を薄切りにし、果汁を煮詰めた柚子茶。甘さを極力抑えて、柚子本来の風味を活かしております。夏は冷たい水や炭酸で割って、冬はお湯割りでお召し上がりください。アイスクリームやヨーグルトのトッピングにもおすすめです。


内容量 250g
消味期限 150日以上
栄養成分 (100gあたり)エネルギー:183kcal、たんぱく質:0.6g、脂質:0.2 g、炭水化物47.1g、食塩相当量0.0 ※この表示値は目安です

金沢 山乃尾

山乃尾 金沢
初代主人 太田多吉は、魯山人をして「北陸一等の名物男、金沢の国賓、茶会の偉材」といわしめた数寄者。
多吉のもてなしを目当てに、益田鈍翁をはじめ、東京、京都、大阪から、茶人、数寄者、美食家が足繁く訪れたといいます。
食材への心配りや、器に対するこだわりは、「星岡茶寮」にも受け継がれたほど。
「茶を身の飾りとせず、商売とせず」と魯山人が評したよう、型にとらわれない真心からのおもてなしが、山の尾の信条でした。
戦後、生活様式の変化にあわせるように「山の尾」は、「金沢山乃尾」として生まれ変わりました。
現在の主人 本谷達弥は、多吉から数えて5代目。 時は移り、名が改まっても、創業以来の「一客一亭」のおもてなしの精神は、今も脈々と受け継がれています。

※必ずお読み下さい※

■個数
1梱包あたり6個までとさせて頂きます。
■山乃尾の商品以外とは同梱できません。
■発送には1週間ほどお時間を頂いております。
■配送
ヤマト運輸でのお届けとなります。
配送状況はヤマト運輸ホームページよりご確認可能です。お問合せ番号は出荷メールにてご連絡致します。
■納品書
本商品は納品書が同梱されません。納品書が必要なお客様は、ご注文の際に表示される備考欄へ「納品書希望」とご入力下さい。別途メールにて納品書をお送り致します。

山乃尾 柚子茶
在庫状態 : 在庫有り
¥1,200
数量